広報みのかも

  • 2013.07.01 Monday
  • 22:24
最近、広報美濃加茂がipadで見れるようになりました。それもactibookと言う無料のアプリをダウンロードするだけで簡単に見れます。さて、簡単に見れるからさっと見るかと言えばここで問題が発生します。市民にとって必要な情報が満載な広報美濃加茂が見なくても済んでしまうと言うことです。この情報が付加価値ならばQOLに関わってくるし必須ならば生活に関わってしまいます。しかし、必須ならば市としても手放しで待っているわけにもいかないはずです。議会改革にも言えます。改革は何のためと聞かれれば市民の為と答えます。しかし、情報公開が市民にとって必須ならば手をこまねいて待っていているわけにはいきません。しかし、形式だけでは市民に見放されてしまいます。市民の代表としての議会を確立することが必須なのです。その為に情報を公開して市民との交流をしっかり持つことだと思います。歳費の削減と定数の削減をすれば市民に理解されると思っているようでは益々市民から見放されてしまいます。市民から信頼される議会にするにはやはり市民の声を聞く議会にするしか有りません。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM